忍者ブログ
不妊治療はじめました(H20.6~)    H21.4月、体外受精→着床せず失敗    H21.7月、体外受精2回目→受精せず失敗   H21.11月、体外受精3回目→胚盤胞まで育たず、失敗   H22.6月、まさかまさかの、自然妊娠。
[8]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6月21日。

診察は3:30からだけど、
初診で問診表を書いたりするので30分前に来るように言われていたので、3:00に到着。
すっごくキレイなたたずまいでビビル。

建物に入ってからも、すごくキレイ。
受付からロビーまで、一流のホテルみたい。
でも、逆にビビって落ち着かない、余計に緊張する・・・
ダンナも緊張してる(^^;) 
名前を呼ばないようにしてるみたいで、PHSを渡される。
鳴ったら、モシモシと出て、どこに行けばよいか指示をされる。

1回目。処置室に来るように言われてドキドキで入る。

・・・血圧を測られて終了。
109の52
血圧測るの久し振りだ。
数値を言われてもピンと来ないんだけど、こんなもんですか?? 
 
ああ、でもちょっとほっとした。
ロビーでまた待つように言われる。  


2回目。
いよいよ診察室へ!
先生と初対面。やさしそうな男の先生だ。まだ若そう。KANに似ている。
基礎体温表を見てもらいながら、検査の説明を受ける。
ダンナも真剣に聞いてくれていた。
どうやら、自分たちが思ってる排卵日は遅いみたい。
 診察室から隣の部屋に入って、いよいよ診察台へダンナサンは待機。

緊張したけど、大丈夫だった。
なすがまま・・・だったけど(^^;)
器具が入ったりカメラ(?)が入ったりおなかをちょっと押されたり。
違和感はあったけど、痛くはなかった。 
排卵が近いとわかったので、次回、フーナーテストを提案された。
先生は、提案をするという感じで、強制はしない。
「やりましょうか?どうしましょうか?」みたいなやんわりした感じ。
素直に「やります。」って言えた。

血液検査もするので、ロビーへ出て待つように言われる。
 
 
3回目。
処置室で採血。
ど久し振りの採血でまたまた緊張。
大丈夫だったけど、内心すごくビビる。
ダンナサンも、血を見ないようにうつむいてたらしい(´ゝ`) 
出血を押さえてる間に、
看護婦さんから、フーナーテストの説明と、妊娠のメカニズムの説明を受ける。 
ここでもダンナサンも真剣に聞いて、後で勉強になったと言ってた。
   
初日は、はっきり言ってダンナサンがすることはなかったけど、
初めて行く病院で、ロビーでひとりで心細く待たなくて済んだし、
専門家からの説明を受けて知識を得てくれて、ダンナも一緒に来てくれてよかったな。

そういえば、最初に二人ドキドキしながらロビーで待ってたときに、
ダンナ:「先に決めておいたほうがいいと思うんだけど、
     もしもどちらかに原因があるってわかっても、
     非難しないし、
     自分のせいだって気負いをしたりするのは無しな。」
って言った。
なんか、やさしいひとでよかったなと思う。
 
 

最後に受付で会計と、
次回フーナーテストの予約を入れて、終了。 
 
初診・内診・採血 12,650円。 
ふーう、終わった。ほっとした。 
 
 
ドキドキしてたけど恐くなかったし、痛くなかった。
先生も看護婦さんも優しくて安心した。
 
これからはひとりで来ると思うから、がんばろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
とめ
性別:
女性
職業:
パート主婦
フリーエリア
最新CM
[07/02 とめこ]
[05/11 yuriko]
[12/15 とめこ]
[12/12 yuriko]
[10/10 yuriko]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
最新TB
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

Graphics by まぜわん。 / Designed by 26C°