忍者ブログ
不妊治療はじめました(H20.6~)    H21.4月、体外受精→着床せず失敗    H21.7月、体外受精2回目→受精せず失敗   H21.11月、体外受精3回目→胚盤胞まで育たず、失敗   H22.6月、まさかまさかの、自然妊娠。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もうすぐ16週に入ります。
母子ともに順調に育っております。
 
不妊治療日記なので、このブログは卒業しようと思います。
 

ただただ淡々と治療の日記を書いてきました。
グズグズしたり、メソメソしたり、グチグチ言ったり、ダラダラしたり、
まったく参考にならないかもしれないし、恥ずかしい日記だけど、
同じように悩んでいる人が偶然このサイトを発見して、
反面教師にしたり、少しでも参考になればなと思います。
 
 
一応最後に、
治療に必要なお金のことについて書いておきます。
 
 
 
☆H20年度(治療1年目)☆
体外受精はしなかったので、一般の不妊治療補助費の申請。
 
自己負担額 87,430円
半額補助があり、43,000円返金
 
かかった費用の領収書がすべて必要なので、必ず取っておくこと。
病院に証明をもらうときにも必要でした。
 
 
☆H21年度(治療2年目)☆
体外受精3回。
補助は1年に2回までしか申請できません。
2回目は受精せず終了で、15万円に満たなかったので、
1回目と3回目について特定不妊治療補助の申請。
 
≪支払額≫
1回目自己負担額 279,350円
2回目   〃    149,400円
3回目   〃    304,070円
 
その他通院含む自己負担総額   783,510円
 
≪返金≫
1回目特定不妊治療費補助  150,000円
3回目      〃        150,000円
確定申告(医療費)         18,950円
     
返金総額              318,950円

  
特定不妊治療も領収書が必要。病院の証明時には不要でしたが。 
 
確定申告は1年間の家族の通院も含めるすべての医療費が合算出来ます。
すべての領収書が必要です。
合計を計算したり申請書への記入も少し面倒なくせに、
返ってくる金額は「なんだこれだけ?」と思うかもしれませんが、
次年度の所得税率に影響するらしい(このへんあやふやです)ので、
やっておいて損はないはずです。
 
 
H22年度は一般不妊の通院のみで18,950円なので、
申請はしないでしょう。
 
 
特定不妊治療の補助は自治体や年度によって変わるようです。
ワタシの住んでいるところはH22年度は1回15万円で2回まで返ってきましたが、
H21年度は10万円だったみたいですから。
 
 
 
なんだかんだで結構返ってきますが、それでもやっぱり高額です。
治療に踏み切るには精神的にも金銭的にも勇気や思い切りや決断がかなり必要です。
だけど、誰もが言うことですが、やるなら早いほうがいいです。
時間は戻りませんから。
 
ワタシも、3回も体外受精に失敗したのに、まさかまさかの自然妊娠で、
これまでの治療は一体何だったんだーーーーッ!!
・・・と、モンモンすることもありますが、
これまで頑張ってきたから、あかちゃん来てくれたのかな・・・。
治療をせずに出来ないって腐ってグズグズして、わからくて不安なまま
イライラしてダンナサンに当たり散らしたりして、
諦めたりしていたら、
いつまでたっても来てくれなかったのかも知れない。
  
まあ、精神論&結果論ですけど。
 
 
 

 
不妊で悩んでる方の、やっぱりまったくなんの希望にもならないですけど、
コレでおしまいにします。
元気なあかちゃんを産めるようにがんばります。

ありがとうございました。さようなら。
PR

6月29日
 
いよいよ卒業の日です。
 
体調はすこぶる順調。
ちゃんとご飯食べれるし、仕事も行ってます。
ただ、毎日すこぶる眠いです。
ダンナサンを送り出して、朝寝。
仕事から帰って夕寝。
夜もきっちり寝ています。
 
9週と2日目。
内診してもらったら、23.1ミリ。ちゃんと大きくなってるみたい。
心拍も見えます。
一番心配していた内出血も薄くなっていて、このまま消えてくれるでしょうと。
ああ、よかった・・・
 
内診の後、先生と最後のお話。
これまで2年間、
体外受精3度も失敗。
いろいろ、イロイロあったけど、
大変お世話になりました。
つらいこともあったけど、先生の穏やかな話し方や佇まいには救われていたと思う。
 
結果的に、自然妊娠だったけど、
12月末から約5ヵ月間飲み続けた糖尿病薬のメルビンが一役買っている結果に。。。
糖尿病については、他の内科で診察してもらったりして、疑心暗鬼なとこもあるけど・・・
 
嫌なこともあったけど、細かく検査してもらったことは決して無駄じゃなかった。
自分はきっとすぐに妊娠できるだろうと、根拠のない自信を持っていたワタシは、
現実に何度もへこたれたけど、その分、生命が宿る奇跡を痛感した。
きっと、大切にできると思う。
 
まだまだ先の話だけど、2人目も欲しいから、
できれば先生にお世話になりたくないけど・・・、もし、ダメだったら、またお願いします。
いつまで通院すればいいんだ。って、嫌になっていたけど、
先生も、顔見知りの看護士さんも、もう会えなくなるのは少しさみしい。
ほんとにほんとにお世話になりました。
がんばって元気な赤ちゃん産みます。
 
ちょっと、しんみりと、卒業。 
 
 
内診、妊娠証明書(2,100円)
合計、4,600円
 
・・・前々から気になっていたけど、証明書代って高いよね。
 
 
不妊センターを出て、すぐに併設の産婦人科へ。
里帰り出産を希望だけど、それまでは、こちらの産婦人科にお世話になります。
どこの産婦人科でもいいんだけど、通えるし、なんか知ってる先生が隣にいるのが安心かなって。
産婦人科では、2週間後の予約を取ってもらって、今日は終了。
不妊センターの隣なのに入ることができなくて、羨望のまなざしで見ていた産婦人科。
いよいよ、ようやく、デビューです。

6月22日。

体調は良い。すこぶる良い。
お腹がすくと気持ち悪いのはあるので、クラッカーやソイジョイをかばんに常備。
 
ささ、診察。
また大きくなってる。15.9ミリだそうだ。
今日は心拍をちゃんと観るぞ!と意気込んできたので、
一生懸命目を凝らす。
先生も、「ここですよ」をカーソルを当ててくれて、
チカチカしてるのがよくわかった。
パカパカパカ・・・と、とても速い。
大きくなったし、心拍も見えたし。今日もひと安心。
 
と、思ったら、
「内出血がありますね」
って・・・!?

え、
それってどういうことですか???
 
「安静にしていればこのまま消えてくれると思いますけど、安静にできるかな?」
えっと、午後から仕事に行きますけど、事務なので、座ってるだけですけど。
「無理しないようにね。」
・・・・・・・・・ええ~!ふ、不安。
 
だけど、来週確認して、問題なかったら産科に移りましょうと言ってもらえた!
 
今日は、ダクチルはもう処方されませんでした。
内診のみで、3,230円
 
え・・・、いつもより高い。
明細見たら、自己負担10割だった。
よくわかんないけど、月に2回しか保険で看てもらえないのかな?
 

会計のときに次回の予約を入れて、
予約カードに来院日時と、診察内容を書いて渡してくれるんだけど、
次回、
6月29日 午前10時30分。
診察内容・エコー、卒業

「卒業」
卒業なんだ、ワタシ・・・
って思うとやっぱり嬉しかった。
ダンナサンには予約カード見せたことないけど、今回ばかりは見せびらかした。
 
内出血は気になるので、
安静にと気を付けつつ、内出血消えろ~消えろ~・・・っておなかさすって過ごしました。
あ、おなかはまだまだぺたんこです(あたりまえか)
でもおムネは張っております、ちょっと痛い。
ムネのハリは生理予定日を過ぎたころから何となく感じていました。
きれいなハリですが、乳首が大きいです。。。残念。

6月15日。
 
先週の気持ち悪さが嘘のよう。
けっこういつもどおりの生活。
ここまでケロリとしていると、ちゃんと育ってくれているのか、逆に不安。
だからと言って、つわりが来てほしいとは思わないけど。。。

と、言うわけで、妊娠判明後、2回目の診察。
お、大きくなってる・・・
先週の倍ぐらいになってて、先生が
「心拍動いてるの見えますか?」
・・・え、えぇっ、どれ??
「チカチカしてるのですよ」
・・・・・・あ、ああ?な、なんとなく
チカチラして、「これのことかな~?」ぐらいにしかわかんなくて、感動薄かったけど、
先生はちゃんと動いていて、良い感じに育ってますねって言ってくれたので、
たぶん大丈夫。
よかった~・・・
1週間なのに、すごい成長してるんだ。早いね。びっくりだね。
具合のほうはどうですか?と聞かれたけど、
「先週は気持ち悪かったんですけど、今はだいぶ良いです」と。
もう1週間ダクチルを飲んで、便秘のお薬のほうはまだある?って聞かれて、
まだあります。と(効きすぎるので、飲んでませんとは言わず・・・)
 
ダクチルをまた7日分処方されて、終了。
1,850円。
 
また1週間後に診察です。

8日に病院に行ってから、具合は悪く。
9日は起きるのもやっとで、フラフラ。
午前中おとなしく寝てれば午後からは仕事に行けるだろうと思って寝たんだけど、
どうにもこうにも起きられない。
仕方なく、お休みしますの電話を入れました。ごめんなさい。
 
ってか・・・、
おなかも壊してしまってます。
8日の昼と夜に便秘の薬マグラックスを飲んだのが、効きすぎている気がする。
苦しいし、気持ち悪いし、お腹痛いし・・・
 
ゴロゴログズグズ・・・・
1日中そんな調子でどうにもならない。夕ご飯も作る気力がない。
夕方、ダンナサンにメール。
「どうにもならないので、なんか買ってきてください。」
おうどんをテイクアウトしてきてくれました。
ダンナサンはガッツリカレーうどんで、ストックしてあった冷凍ご飯をお供に。
私には消化の良さそうなおろしうどんを。
食べる気しなかったんだけど、食べなさいと言われて食べてみたらおいしいと思えた。
でも、1本ずつすする・・・、半分も食べられず・・・。
またウィダーインゼリーをチューチュー・・・
 
10日は仕事休みなので、
本当は実家に帰ってランチして、妹にスカルプチュアを取ってもらう予定だったんだけど、
こんな調子じゃあ、運転して実家まで、とても帰れそうもない・・・。
まだ親には内緒にしておきたいので、妹にだけ連絡して、こっちに来てもらうことにした。
母にはワタシが仕事になっちゃったから、とか旨い事言って。
妹も妊娠は喜んでくれたけど、すごく心配してくれた。
ウィダーばっかりチューチューやってるので、「体を冷やすから良くないんじゃないの?」
って言われたけど、ほかになにがよいかわかんなくってさ。
ウィダーならいける。でももう舌がなんかまずい感じがしておかしい。
でも、昨日よりはだいぶ良くなってきたわ。今日なら買い物に行けそう。
 
こんな調子がいつまで続くのかしら。。。
先が思いやられるわ・・・
 
ネットで調べていたら、多分ワタシは食べづわり。
朝、気持ち悪いのはお腹の中が空っぽだから。
起きてすぐに食べられるクラッカーなどを枕元に置いておくとよいと書いてあったので、
枕元に、ウィダーを置いて、気持ち悪くなったらチューチューするようにしたら、
だいぶ楽になった。
とにかく食べたくなくても、気持ち悪いと思ったらなにか口にするようにした。
ウィダーや、こんにゃくゼリー、ビタミン配合のクラッカーとか常備するようにした。
食事は、今までの量が食べられなくなったから、無理せずに食べられる量だけ。
とりあえず、魚のこってりした脂は得意ではなくなった。
 
つわり対策をしたら、だいぶおさまってきて、
1週間もたつうちに、朝もウィダー飲まなくて済むようになって、
どうにもならないほどということもなくなった。
つわり対策のおかげではなく、ただつわりがおさまったという感じ。
・・・・・・なんだったんだ。

6月8日
朝からなんだか気持ちが悪い。
病院、行けるのか・・・?
11時半の予約なので、ダンナサンを送り出してからとりあえずひと眠り。
したらだいぶ良くなったので、出かける。
 
前回同様、予約通りに行っても30分ぐらい待って、ようやく診察。
いつもどおりの診察台で内診。
 
 
したら、
 
 
 
見えた。
 

 
いつもは真っ黒でぽっかり空いた卵胞のなかに、大豆みたいな小さな粒。
これが、赤ちゃん・・・
検査薬で分かっていたけど、ほんとだった。
 
先生から「おめでとうございます」って言われた。
初めて、言われた。
・・・
・・・
・・・
やったぁ・・・
 
 
とりあえず、6月いっぱいは毎週様子を見ましょうということと、
具合が悪いとかありますか?と言われて、
気持ち悪いのと便秘でお腹が張っています。
と言ったら、切迫早産を防ぐダクチルと、便秘を良くするマグラックスというお薬を処方されました。
今まで飲んでいた糖尿病の薬メルビンは飲みきって終わり。
メルビンのおかげで、卵子の質がよくなって、妊娠出来たってことなのかな。。。
 
内診、ダクチル7日分、マグラックス14日分。
2,120円
 
 
まだまだ、
まだ6週終わったとこ。まだまだ油断は禁物。
だけど、
とりあえず、とりあえず、ひと安心。。。
 
 
ダンナサンに「赤ちゃんのつぶが見えたよ」ってメールしたら、
喜びの奇声のメールが返ってきた。
 
病院を出てそのまま仕事へ。
まだ職場へは内緒にしておこう。
両親やみんなにもまだだまっとこう。
なにが起きるか分かんないし。。。
 
ササッとお昼を食べて、もらったばかりのダクチルとマグラックスを飲む。
職場では気を張るのか、気持ち悪いかな~?と思いつつもちゃんと働けた。
でも、
家に帰ったら、気が緩むのか、気持ち悪いがぶり返す。
なんとか夕ご飯は作れたけど、いつもの量は食べられなかった。
鮭を焼いたのだけど、鮭の脂が気持ち悪かった。
 
これが、
つわり・・・
なのか・・・・・・?

生理予定日から2日、3日、4日・・・
 
まだだ、まだ期待しちゃなんねえ。
 
 
 
1週間・・・
いやいや、そんな、まさか。
 

 
9日、10日、11日・・・
 
高温期も保っている・・・
もしかして、


そうなの???
 
 
14日目。
病院に電話してみる。
「生理来なくて14日経過しました。高温も保っていますが、どうしたらいいですか?」

そしたら、
「市販の検査薬で陽性が出たら来てください」
 
・・・・・・、
あ、じぶんで調べるんですね。(拍子抜け)そうですか、わかりました。

 
そんなわけで、初検査薬です。
買うのも初めて。
きっとどれでも同じだろうと、パッケージの好みと中ぐらいの値段だったので、
オ○ロンのにしました。
 
さて、肝心の検査です。
奇しくも7日が誕生日なので、記念すべき誕生日に・・・!
なんて、バースデーチェックしました。
 
 
 
 
 
 
出た。
 
陽性の線、出た。
 
 
1分待つ間もなく、ソッコー出た。
 
間違いない。
 
 
懐妊した・・・・・・・・!!
 
 
さっそく、病院に電話。
翌日予約取れて、行くことに。
 
 
午後から仕事に行って、
帰って一息ついたら急に、気持ちが悪くなってきた。
妊娠したって確信した途端に、具合が悪くなる。
熱があるってわかった途端に具合が悪くなる子供みたいだ・・・
食事の準備も出来ないほどに気持ち悪い。お腹もイタイ。
 
倒れこんでると、ダンナサン帰宅。
フゥフゥ言いながら、検査薬を出して事情を説明。
ホントはもっと、笑顔で元気に報告したかった。。。
でもダンナサン「泣きそうだ・・・」って言ってた。
ワタシも説明してて涙出た。
 
とりあえず、ダンナサンにはお弁当でも買ってきてもらい、
ワタシはホントに食べられそうにないので、ウィダーインゼリーを買ってきてもらい、チューチュー。。。。
ああ、
いきなり始まった。
これがつわり?つわりなの??
・・・・いきなりへこたれそうだ。
5月11日
月経17日目。
 
新しい病院へ初めての通院です。
今までと同様、産婦人科に併設されています。
不妊センターは隅っこの小さい入口です。
今までの病院がゴージャス過ぎたのか、こじんまりとしています。
お子さんは不妊センターには入ってはいけないので、
産婦人科の託児所に預かってもらうんですが、
産婦人科とドア1枚で、子供さんの声が漏れてくるのが気になりました。
あと、診察室の声がすこし聞こえてきます。診察台の動く音とか。
今までの病院が良すぎたんだと、自分に言い聞かせます・・・・・・
 
でも、患者さんは多いです。
やはり不妊で悩む方は多いようです。
 
診察は予約制ですが、予約通りに行っても30分以上待たされます。
これは、前の病院も一緒。
 
さて、診察。
先生お久しぶりです。
内診してもらいましたが、まあ、GW挟んで排卵日過ぎちゃってるのは百も承知。
また体外受精チャレンジしますかね?と言われたけど、迷ってることを伝えたら、
次回は月経3日以降で、久しぶりに採血してみましょうということに。
また糖尿病の薬メルビンを28日分出してもらって、終了。
 
 
内診、メルビン28日分
2,750円
 
ほんと、30分もかからずに通院出来るので、助かります。

お世話になってる先生が、新しい病院を開院することになって、
そちらのほうがだいぶ近いので、ワタシもそちらへ転院します。
60分かけて通院してたのが30分で通えるようになるので、
だいぶ助かります。
 
5月より開院なので、3月まで通院して、いったんお休みに入ります。
 
「インスリン抵抗性あり」の診断を受けてるので、
糖尿病のお薬メルビンをもらいながら、
排卵チェックをしてもらいながら、
3月まではテンションの上がらないタイミング療法を続けました。
で、3月から5月は自分で排卵日を予想してのタイミング。
諦めてはいないけど、実質、治療お休み中という感じ。

 
 
なにより、
GTTの結果がショックで、ショックで、
どうすればいいか分からなくなってしまって、
ネットで調べれば調べるほど、怖くなってしまって、
何を食べればいいのか、わからなくなってしまって・・・
 
もう、
専門家に聞くしかない。
  
糖尿病を看てくれる近所の内科へ検査結果と薬の説明書を持って行きました。

したら、
 
あんまり重要視しない数値だけが高いから、そんなに気にすることはないって言ってくれました。
薬も、この数値でこの薬は処方しないって。
不妊治療の一環でこの検査をしたと説明したら、
不妊治療の医師が、不妊の原因だと少しでも思われるものは排除するっていう考えで処方されてるのではないかと、
重要視しないその数値だけが高くて、一般的に重要とする数値はどれも正常だから、気にしなくてもいいと。
 
その内科の先生はそう言ってくれて。
 


あ・・・、
安心した~・・・。聞いてよかった。

不妊の先生に「心配させやがって・・・!!」って、ちょっと不信感を抱いてしまったけど。。。
まあ、そういう危険因子も持ってるってことで、気をつけなきゃいけないということです。
 
だけど、ほんとに、良かった、安心した。
一人でモンモンしてたから、聞いてみてホントに良かった。
ああ、清々しい・・・

12月25日。GTT検査結果を聞くための通院。

なんと、
驚きの結果が。
 
”インスリン抵抗性あり” 
 
つまり、糖尿病予備軍。
メルビンという飲み薬をもらって、食事のバランスに気をつけて、適度に運動を。
 
・・・・
・・・・
・・・・
なんて、
漠然と言われても、どうしていいやら。
てか、ワタシ、糖尿病なの??
妊娠したいとか言ってる場合じゃなかった。

 
 
けっこうなショックで。
 
かなりのダメージ。

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
とめ
性別:
女性
職業:
パート主婦
フリーエリア
最新CM
[07/02 とめこ]
[05/11 yuriko]
[12/15 とめこ]
[12/12 yuriko]
[10/10 yuriko]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
最新TB
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

Graphics by まぜわん。 / Designed by 26C°