忍者ブログ
不妊治療はじめました(H20.6~)    H21.4月、体外受精→着床せず失敗    H21.7月、体外受精2回目→受精せず失敗   H21.11月、体外受精3回目→胚盤胞まで育たず、失敗   H22.6月、まさかまさかの、自然妊娠。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月7日。通院33日目。
月経16日目。
体温が上がってたので、排卵する感じ?
 
8時半に病院に着かないといけないので、早起き。
ダンナサンにも精液を貰わなきゃいけないので、がんばってもらう。
でもまあ、化粧も食事もしてはいけないので、身支度はすぐできた。
通勤ラッシュにハマりそうだったので、いつもより20分早く出て、ちょうどよく着いた。
 
まず受付で、21万円入金。
 
更衣室で病衣に着替えて(下着は一切着けません)
ロッカーのカギとナプキンとパンツだけ持って回復室で待機。
 
しばらくすると、お呼びがかかって、手術室へ。
いよいよ採卵。
 
でも、そんなに緊張しなかったな。
看護士さんが、今なにをしてるのか説明してくれるし、
それ以外も「大丈夫?」って、よく声掛けてくれるし、肩をなでてくれたので安心した。
  
麻酔無しにしたのが最後まで不安だったけど、
想像していたよりも、痛くなかった。
なんかいろいろされるので違和感や生理痛のような痛みがあるけど、
針を刺す時も、刺さったのがわかったけど、耐えられない痛さじゃなかった。
よかった・・・
 
  
10分程度で採卵は終了。
回復室へ戻って、安静にします。
ベットに入って、テレビ見ながら、眠りながら。。。
途中、先生や培養士さんや看護士さんが来て、経過の報告やら採血やらされて、
そのまま2時間程度ぐうたら。。。
あったかい布団で幸せだったけど、最後のほうは飽きちゃってた。
 
止血のガーゼを取り出してもらい、
着替えて、
一般外来の待合室へ。
 
まだ診察があるそうなので、待機。
 
結局、卵ちゃんは2個とれました!
精子も異状なしなので、予定通り体外受精で、されなかったら顕微授精。
2日後の9日に移植です。
うまくいきますように。。。
2個あるので、両方受精が進んだら、1個は移植して、
もう1個は5日目まで培養して凍結保存をしてもらいます。
ああ、ほんとに、うまくいきますように。。。
 
それから、ホルモン注射と、今日から飲む薬の説明。
バナンを今日から5日間(朝晩)
ルトラールとダクチランを14日間(朝昼晩)
この二つは飲み薬だけど、もうひとつ、エストラーナという貼るお薬をもらった。
これもホルモンを増やすお薬だそう。
おなかか腰に、2日に1回貼るのだそう。これを、8枚(16日分)
 
ホルモンを、大量摂取だ。また吹き出物とかできそう。。。
 
そして、ホルモン注射。
いつものおしりのやつだと思ってたら、
いつもより、痛かった。
新しいやつだそうで、量も多かったので、痛い。
「いった~~~~い!」って言っちゃったもん。
今日イチバン痛かったかも・・・。
 
採卵後の診察、注射、薬代
8,670円。
 
病院を出たのは12時。
ほんとに時間かかった。てか、2時間は安静にしてたからだけど。
てか、やっと食べられる。
緊張したからか、生理痛みたいな痛みが残ってるからか、
そんなにおなか空いてなかったけど、
おにぎりかじりながら運転して、出勤しました。
PR
4月4日。通院32日目。
月経13日目。
 
本日は、大変時間がかかった。
11時に行って、採血をして、結果が出る90分後に診察。
待合で延々待つ。
パソコンがあるのでインターネットしたり、寝たり。
すっごくもったいない過ごし方。。。ずっと座ってて、疲れた。
 
ホントに90分後、やっとこさお呼びがかかって、やっと診察。
卵胞チェック。
1個大きくなってた。
もう1個隣に影が見えるけど、小さい。
採れたらとりたいけど、やっぱり、1個っぽい。
 
7日が採卵で、10日が移植になりました。
レスキューICSI(体外受精で受精確認をし、必要に応じて顕微授精。)をしてもらって、
3日目の新鮮胚移植。着床補助操作なし。
採卵時の麻酔はなし。
針を刺すのは怖いけど、仕事もあるし、帰りに運転できなくなってしまうので。
 
先生によろしくお願いしますとして、再び待合へ。
 
次は看護士さんに呼ばれて採卵の手順と説明を受ける。
前々日の5日の22:30と23:30に点鼻薬を射す。
排卵のタイミングを合わせるのだそう。
時間厳守で。
ずれると採卵前に排卵してしまうので、ぜったいに時間は守ってと言われました。
ケータイのアラームをセットしといた。
 
前日は21時以降は飲食禁止。
当日採卵後も回復室で休む間は食べられないので、
12時ぐらいまで食事は抜き。うう・・・おなかすいちゃう。
採卵日は8:30に来院。
はっや~・・・
精液ももらわなきゃいけないし、こりゃ大変だ。
化粧・マニキュア・コンタクトはしないこと。
受付時に、前金21万円入金します。
  
今。
23:30の点鼻薬を射しました。
点鼻薬は初めてだったので、ツンときたりするのかなと思ったけど、
痛くもないけど、くしゃみが出ちゃう。鼻水と一緒に流れてこないかちょっと不安。
 
2日後なので、まだまだ実感と言うか、緊張はないです。
前日とかは、「痛いかな・・・」とか思ってドキドキしてくると思うんだけど。
  
今はまだ穏やかに、過ごしてます。
4月2日。通院31日目。
月経11日目。
 
卵胞が大きくなっているか、いくつあるか確認。
残念なことに、1個しか大きいのがない。
この1個を大事にしていかないと。
 
4日にもう一度確認。そこでいよいよ採卵日が決まるらしい。
 
4日は、大変なり。
11時に採血して、結果が出る90分後に診察らしい。
12時半か。終りが1時半だな。仕事いけるかな。。。
 
今日は内診のみで、1770円。
体外受精を決意した理由は、
 
・6月から通っているので、もうすぐ1年経ってしまうこと。
・月経→セロフェン→排卵チェック(ゴールドサイン)→ルテジオン→月経
 というお決まりの周期で、結果が出ず、タイミングだとこれ以上は進めないと
 言うこと。
・早く赤ちゃんが欲しいということ。
・同じことの繰り返しで、月経が来るたびに悲しい気持ちになるのがつらい。
 こんな気持ちがいつまで続くんだろう。。。
・前回の周期が早かったせいで、自分の仕事との調整ができるようになった。
 次回だとGWに入っちゃうし、やるなら今かな?と思えたこと。
 
とまあ、ぐちゃぐちゃした気持ちもモロモロありますが、
とにかく、私がやってみようと前向きになれたからで。
ワタシの気持ちがノってるタイミングで、やろう!と。
 
自分の中では、前回の月経から、
「次も月経来ちゃったらやってみようかな・・・」という気持ちがありました。
でもダンナサンには言わずに。
今回残念でしたって言う報告をダンナサンにした時に、今回体外受精をやってみようと思うって
初めて伝えた。
ダンナサンは、ワタシがだいぶ怖がって嫌がっていたから、体外受精はないなと思っていたらしく、
とってもびっくりしていたけど。
ダンナサンはもともとやってみたいと言う気持ちでずっといたので、理解してくれた。
 
さあ、通院。
 
先生に、伝えよう。
   
    
   
   
3月27日。通院30日目。
月経5日目。
 
先生、また生理が来ちゃいました。
それで、体外受精をやってみようと思います。
 
そうですね、じゃあ、がんばりましょう。
内診をしてもらって、問題なしなので、体外受精に入りましょうと。
 
とり急いでは、排卵誘発剤の相談。
・飲み薬中心で、体への負担の少ない方法(でも卵は少ないかも)
・注射でがんばる
 (ほぼ毎日通院と、卵巣が腫れちゃうかもしれない副作用と、費用が高額、でもたくさん卵できるかも)
 
注射も提案されたけど、ワタシが通院するのが大変と思ったことと、
ワタシの状態から診て、飲み薬でも大丈夫でしょうという判断で、

飲み薬(セロフェン1日3錠)×7日分で、
いつもは多くても1日2錠だったので、増えましたね。
次回4月2日に卵胞の大きさを診て、注射や採卵日等相談をします。
 
採卵は言ってみれば手術なので、血液チェックが必要。
(前に断念した時も、血液チェックまではやりました。)
看護士さんに、今後の流れを聞きます。
  
質問はありますか?と言われて、「採卵って、痛いですか?」
(前も聞きました。)
   
看護士さんも、
「みなさんそう聞かれます。針を刺すので痛くないと言うことはないですが、
鈍感な部分と言われる個所なので、みなさんがんばって麻酔なしでされますよ。」、と。
採卵日は朝8時に病院に着いていなければならず、麻酔をしてもらうと
醒める15時ぐらいまでまで病院にいなければならないし、
帰りに自分で運転してはいけないので、電車or送り迎えが必要。

怖いけど、麻酔なしでいこう。怖いけど。。。
看護士さんが、「採卵のときには私たちもそばに付きますから大丈夫ですよ」
と言ってくれて、なんとなく安心する。
 
ではでは先生、看護士さん、よろしくお願いします。
  
  
内診と、血液検査、セロフェン7日分で、8,880円。
 
 
帰宅後、ダンナサンにご報告。
同意書等々書くこともいっぱいです。
 
ともあれ、気分がノっているので、ワタシ、体外受精、始めます。
不妊治療費補助の申請にも行きました。
 
まず、市役所のHPで申請書をダウンロードしてきます。
自分が書くやつと、病院に証明してもらうやつと、2種類。
3月から翌年2月までの期間を申請するため、3月になって初めての通院の時に、
これまでの領収書と一緒に受付へ提出しました。
書類代2,000円を請求されたんで、なんだかな・・・ですが。
 
2週間ぐらいかかると言われたのだけど、翌日早速出来ましたとTELあり。
今度の通院時に受け取ります。と。
 
これと、
夫婦の所得証明書と保険証と、振込口座の通帳と、認印。
保健所へ持っていきます。
 
やさしい係員の方が、
病院の書いた証明書と領収書の金額が合っているか確認、
振込口座の確認。
所得証明書、保険証コピー提出。
 
以上。
終了です。
簡単でした。
 
コピーを取らずに提出してしまったので、金額をよく覚えてないんですけど、
確か、
43,000円ほど帰ってきます。自己負担の半額です。
助かります。
1ヶ月~2ヶ月後に着金と言うことなので、忘れたころに戻ってくるんだろうな。
 
所得証明書のことを、会社からもらう源泉徴収票と勘違いしてて、ウッカリさんでしたが、
市役所が隣なので、すぐに行って取ってこれたのでよかったです。
所得証明書の発行って無料なんだね。知らなかった。助かります。
え~っと、だいぶとお久しぶりです。
通院はしていたのだけど、
セロフェン飲んだりルテジオン飲んだりゴールドサイン試したり。らじばんだり。
あいかわらずのローテーションでやってたため、なんだか更新さぼってしまいました。
 
流れとしては、

1月30日。通院25日目。
月経4日目。
内診のみで、1,610円。
 
2月9日。通院26日目。
月経14日目。
排卵チェックで、1,770円。
 
2月25日。通院27日目。
月経5日目。
30日周期が25日になった。
内診と、セロフェン5日分で、2,160円。
 
3月4日。通院28日目。
月経12日目。
排卵チェックと、ゴールドサイン3日分で、2,890円。
助成金の申請書作成代で、2,100円。
 
3月7日。通院29日目。
月経15日目。
排卵チェックと、ルテジオン10日分で、1,910円。
 
 
そして、
3月27日。通院30日目。
月経5日目。
とうとう、いよいよ決断しました。
体外受精に踏み切ります。
詳細は後日書きます。
今日はおさぼり分の報告まで。
あけましておめでとうございます。
今年もあせらずに頑張っていきたいと思います。
「あせらずに」というのが難しいこの頃ですが。。。
 
年末の生理予定日の5日ぐらい前から胃が痛く、体調悪くて、
だけど生理来てしまって。
1日目は生理痛と胃痛のダブルパンチでのたうちまわってました。
 
1日目過ぎるとすっきり回復して、
年末、年始は何も考えずにゆったりのんびりすごしました。
 
年明けて、病院も始まって、
月経14日目頃に通院という約束だったので、予約をしないとと思いつつも、
仕事忙しかったし、
また病院通いかぁ、とか、
なんだか憂鬱で行きたくなくて、ちょっと延ばし延ばしにしてました。
 
 
 
1月14日。通院24日目。
月経18日目。
 
とうとう予約して行ってきました。
排卵は10日ごろだった様子。
一応自分でも予想をたてて、10日を挟むように仲よくしてたので、
まあまあいい感じ。
 
なんだか、内出血していて水が溜まってると言われました。
害はないけど水が溜まってると体温が上がりにくいらしい。
お尻に注射をもらって、終了。
 
排卵チェック、注射。
1,960円。
 
 
言われたとおり、体温がなかなか上がってきません。
今回はダメそうだなあ。。。
ずっと気になっていたこと。
 
 
ワタシ、元来、
お酒が大好きなんです。
 
毎日晩酌するわけではないんだけど、
焼き肉とか鍋もののときには呑みたいし、
友人と月に1度は会って呑むのが楽しみ。
家で飲むのは350mlの缶ビール1本程度。
外で飲むときは、ワインを3人で2本あける程度。
 
子供が出来ないなと考え始めたころに、お酒が良くないのかなと思いました。
病院に通うようになってから、先生にはきっと止められると思って、
飲んでもいいのか聞けませんでした。
 
9月の中頃から、禁酒をしてみました。
なんとか我慢してこれたんですが、この年末の忘年会などが増える中で、
呑めないこと、みんなにどうやって言い訳しようかと考えると、
とても辛かった。
子供が欲しいんなら、我慢しないと。って言い聞かせても、
どうにもストレスだった。
お酒が我慢できないなんて、意志が弱いなあ。。。って落ち込んだ。
 
12月に入ったある日、
体外受精を本格的に考え出してモンモンしていたある日、
一人の友達(1歳2か月の男の子あり)に打ち明けてみた。
不妊治療をしてること、お酒を我慢して辛いこと・・・
そうしたら、その子はママ友達がたくさんいるので、
いろんなママの体験談をいろいろ教えてくれて、
「同じようにお酒が好きな人も我慢してなかったし、
           妊娠したら飲みたくなくなるから大丈夫。」
って言ってもらえた。
すごく気が楽になった。
みんなに話す必要はないけど、誰かに聞いてもらわないと気が詰まるんだなって思った。
ダンナサンじゃなくて、家族じゃなくて、打ち明けられる女性は必要だ。
話してよかった。

楽になったので、
こないだ通院した時に、思い切って先生に聞いてみた。
 
「今さらですけど・・・、お酒って飲んでもいいんですか?」
 
先生、あっさりと
「いいですよ。もちろん、体を壊すほど飲んではいけないですけど、
普段通りの生活をしてください。」
って言ってもらえて、
ああ・・・、聞いてよかった。
 
これで心おきなく忘年会→クリスマス→お正月→新年会 が迎えられる。
赤ちゃん、こんな酒好きで意志の弱いお母さんでごめんね。
飲みすぎないように気をつけるから。。。
だから、だから絶対来てね。
12月11日。通院23日。
月経14日目
 
ココロ乱れてたのが、だいぶ落ち着いてきました。
 
体温は下がったままで、排卵チェック。
もうあと1、2日でというところ。
セロフェンを1日2錠に増やしたので、卵ちゃんが3つ育っていました。
3つあるってことは、それだけ確率が上がるってことで。。。うふ。
この際、授かるならば双子ちゃんもバッチコイ。
 
ホルモン注射(おしり)を打ってもらって、明日が決戦日になりました。
いよお~~~しっ(張り切りすぎ)
 
そんでもって、明後日からのホルモン剤(ルトラール)を10日分いただいて、
次の生理は年末年始の休診に重なるので、
08年の通院は終了です。
 
通院23日目。
排卵チェック、ホルモン注射(おしり)
ルトラール10日分 
2250円。

 
次は、月経14日目ごろか、生理来なければちょうど1ヶ月後ということで。
どちらにしても、タイミング療法ということです。
 
ココロ落ちつけて、健やかに、
あんまり考えないように、明るく楽しく年末年始を送ろうと思います。
泣かないぞと。
12月8日。通院22日目。
月経11日目。 
 
結局、
体外受精は今回はやりません。
やりませんって先生に伝えました。
今回も今まで通り、タイミング療法になりました。
 
勇気が出なくてダメだった。。。
やりませんって言ってほっとした反面、本当にこれでよかったのか不安に思ったりする。
年末年始はバタバタするからとか言って言い訳して、
自分のヘタレのせいで、チャンスを減らしているのかなとも思ってしまう。
 
今の自分は不妊のことばっかり考えていてダメだ。
無性に涙が出てしまうこともある。
気持ちが不安定でダメだ。
もっと、心穏やかにしていないと赤ちゃんは来てくれないのかもしれない・・・
 
今回はタイミングで、たぶん次回の生理はお正月にあたりそうなので、
次回もタイミングになると思う、
それでダメだったら、体外受精にしてもらおう、
今度は絶対にやろう。
 
それまでは、あんまり沈まないようにして、
楽しく過ごすようにしないと。
 
 
・・・あ、今日の会計は、
卵胞チェック、ホルモン注射(おしりの)
2,160円
 
次回は11日。排卵チェックです。
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
HN:
とめ
性別:
女性
職業:
パート主婦
フリーエリア
最新CM
[07/02 とめこ]
[05/11 yuriko]
[12/15 とめこ]
[12/12 yuriko]
[10/10 yuriko]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
最新TB
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

Graphics by まぜわん。 / Designed by 26C°