忍者ブログ
不妊治療はじめました(H20.6~)    H21.4月、体外受精→着床せず失敗    H21.7月、体外受精2回目→受精せず失敗   H21.11月、体外受精3回目→胚盤胞まで育たず、失敗   H22.6月、まさかまさかの、自然妊娠。
[60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11月18日。
 
採卵後、受精の中間報告を受けるために、病院へ電話します。
 
培養士さんのお話ですと、
 
・15個取れた卵のうち、使える成熟卵は10個
・10個のうち、5個を体外受精、5個を顕微授精しました。
・結果、体外受精で3個、顕微授精で2個が受精しました。
・胚盤胞(6日目まで)まで培養して、育ったものを凍結します。
 
15個も取れたことにびっくりしてたのに、
5個しか成功してないってのが、びっくり。
顕微受精のほうが確実と言われてたのに、
2個しか受精しなかったのもびっくり。
それで、
頑張ってくれる5個が、ちゃんと胚盤胞まで育ってくれるのかもわからないし、
移植した際に、着床してくれるのかも、ナゾ。
 
体外受精も、簡単なものじゃない。
3回目にもなると、そんなに期待もしなくなる。
 
生命の神秘って、こういう立場になって改めて痛感する。
すごい確率の、運命のめぐりあわせで産まれるものなんだ。
先生だって、物理的なことはできるけどあとはもう運命に任せるだけ。
それもしょうがないことなんだ。
自分のせいでも、ダンナサンのせいでも、先生のせいでもない。
  
   
昔はでき婚だと恥ずかしいとか言われてきたけど、
でも、授かれたことが、幸せなことなんだねって。
 
授かれた方は、その神秘とかをしっかり感じてほしいな。
 
 
さて、受精卵の今後の成長については26日の通院時に聞きます。
さあ、育ってくれるかしら。。。ドキドキです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
とめ
性別:
女性
職業:
パート主婦
フリーエリア
最新CM
[07/02 とめこ]
[05/11 yuriko]
[12/15 とめこ]
[12/12 yuriko]
[10/10 yuriko]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
最新TB
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

Graphics by まぜわん。 / Designed by 26C°